まん丸幸太郎の投資チャレンジブログ

私、まん丸幸太郎が、投資にチャレンジするブログです。

ゴールドマンサックスから、配当金入金されました!

ペイペイ証券で、1000円分買っている、ゴールドマンサックスから、配当金入金されました!

 

毎週、毎週、なんらかの会社から、配当金が入金されます!

 

いゃー、本当に嬉しいですね。

 

ペイペイ証券では、長期投資で、配当金目的で投資しているので、本当に助かります。

 

そして、贅沢に使う配当金。

 

たまらないですね。

 

いつか目指している、配当金生活。

 

そうしたら、自営業のカウンセリングの仕事をしつつ、夢のシェアハウス経営したいですね。

 

コアの資産は、もちろん、インデックス運用しているETFなのですが、この、ペイペイ証券の個別株投資も、外せないですね。

 

ペイペイ証券には、いつのまにか5万以上入金されていてそのくらい個別株買ってます。

 

実は、これは、私の趣味であるパチンコが関係していまして、今年の頭くらいに、パチンコ辞めようと思ったのですね。

 

そしたら、ペイペイ証券というのに出会って、その時は軽く「まぁ〜ペイペイ証券で、1000円買うのもお手軽だなぁ」と、いう気持ちで口座開設したのです。

 

そこに、パチンコ辞めようと、思っていたときに、パチンコ屋の隣にセブンイレブンがあって、パチンコで使う予定だった1000円札を、ペイペイマネーにして、ペイペイ証券で、株を買おうと思ったのです。

 

それが、はまって、パチンコに行きたくなったら、セブンで、ペイペイマネーにして、株を買うというルーティンができて、結果、パチンコを辞められる、投資の資金は貯まりペイペイ証券で、米国株、日本株が買えるという好循環ができたのです。

 

本当、こんなふうにギャンブルでなく、本物の投資にお金を向けて、かつ配当金もらえるというのは、最高ですね!

 

これからも、この生活を続けていこうと思います!

村田製作所、ペイペイ証券で買います!

コカコーラ片手に、村田製作所、ペイペイ証券で選び、1000円分買い予約いれました。

 

やはり、世界の村田製作所、世界トップのセラミックコンデンサーを筆頭に、電子部品大手。

 

最近は、ある程度、米国株を買っていったので、海外比率の高い、日本の株式会社を買っています。

 

日本にも、世界に誇る企業は、沢山あります。

 

今度買うときも、世界を相手に戦っている企業を買いたいですね。

 

なぜなら、そういった会社には、一流の人材が、沢山います。

 

例えば、私が就職できるとしたら、そんなに大した会社には就職できないと思うのですね。

 

だからこそ、私は好きなことを仕事にしたくて、自営業をえらんだのですが、その、自営業からえられる収入で、一流の人たちが、経営する会社を買うわけです。

 

そうすれば、私のために一流の人たちが働いてくれるのですね。

 

そうすれば、自ずと、短期的な売買でなく、「確かな会社を買ったのだ」と、長期投資していけるわけです。

 

長期的に、一流の人たちが生み出した利益を、株数分、頂いている。

 

本当に、感謝ばかりですよね。

 

村田製作所、20〜30年スパンで、付き合っていきたいと思います。

憧れのキーエンス株、1000円分買いました

憧れのキーエンスの株式を購入しました!

 

購入というか、ペイペイ証券で、1000円分買ったのですが、1000円分とはいえキーエンスの株式は、買えたのが嬉しいですね。

 

給料平均が確か、日本一なんですよね。

 

そんな、優秀な人たち(私は、引きこもりで学歴がないので笑笑、詳細は、Twitterで、「カウンセラー若月」で検索してください)、経営するキーエンスは、20〜30年は、大丈夫ではないかなと思っているのです。

 

コーラ片手に、銘柄分析(ただの銘柄ショッピングですが)していて、米国、日本株見ていて、やはり、キーエンスを選んだのです。

 

カルビーと、キリンHDと、比べたのですが、やはり、キーエンスは、ブランドだよなぁ、と思ったのです。

 

配当金も、まあまあるし、なかなか良いのでは?と、思いましたね。

 

世界に誇れる日本の会社だと思っていますから、今後20〜30年は、鬼ホールドしたいですね!

タペストリー(コーチ)から、配当金もらいました

タペストリー(コーチブランド等)から、配当金もらいました。

 

やはり、毎週、毎週、配当金いただけるのは、本当、嬉しいですね。

 

ペイペイ証券の1000円単位買いなので、金額は、大した事ないですが、配当金をもらえる事自体が、嬉しいです。

 

私にとって、やはり、個別株への投資の意味は、配当金ですね。

 

ETFインデックス運用も、もちろんやっていますが、こと個別株は、違いますからね。

 

やはり、投資のモチベーションを保つためには、なんらかのアメがなければならないです。

 

そのアメが、私は配当金なんですね。

 

配当金をもらうと、もっと投資しようと思いますもんね。

 

そして、配当金は、贅沢に使います。

 

配当金を贅沢に使って、楽しんで、そのために、モチベーションが、保たれる。

 

これを続けていきたいですね。

CVSヘルスの株を1000円単位買いました

ペイペイ証券で、CVSヘルスの株を1000円単位買いました。

 

単純に、今後も、20〜30年は、薬を必要としなくなる時代は、来ないのではないか、と、思ったからです。

 

薬局だけでなく、総合的なヘルスサービスをしているということで、まぁ、大丈夫かな?と、いう単純な考えですね。

 

また、コカコーラ片手に(コカコーラの株を持っているため、もちろんペプシも持っているが)、単純に考えてですよね。

 

株を買う時の考えは、コカコーラの株を買う時のように、単純な方がいいと、私は思ってます。

 

ただ単に、配当金は、大丈夫か、20〜30年潰れないか。

 

ただ、それだけですね。

 

難しく考えても、猿のダーツ投げに負ける、投資の世界。

 

ならば、単純に、考えた方がいいと思います。

 

そして、リスクを分散するための、銘柄徹底分散投資を、長期でやる。

 

ならば、2〜3銘柄潰れても、大丈夫と、言うくらい分散する。

 

こんな感じで、良いのではないでしょうか。

 

これからも、長期分散投資頑張ります。

公的年金は、究極の不労所得!

公的年金について、いろんな考え方があると思いますが、私のような、仕事が好きで好きで、公的年金なんて、その好きな仕事ができなくなった時の保険、としか考えていない人は別にして、大多数の人にとっては、公的年金は、究極の不労所得だと思います。

 

65歳になれば、国から国民年金、厚生年金をかけていれば、公的年金受給の手続きができ、よほど予定外のことがなければ、13万以上(2ヶ月に1回)のお金をうけとれるなんで、沢山ある世界中の国々の中では、数があまり少ないと思います。

 

今でも、世の中の大多数の国々では、民間の保険会社に、年金を積み立てておかないと死ぬまで嫌な仕事を続けないと食べていけないという国は沢山ある事は、ご存じだと思います。

 

かたや日本は、公的年金という制度で、いわゆる公的年金が、不労所得となって、受け取り始めたら、節約しながらかもしれませんが、働かなくていい、もしくは、公的年金と合わせて、少しのアルバイトだけで、暮らしていけるなんて、それこそ、今流行りのFIRE、もしくはサイドFIREではないですか。

 

それに、日本の公的年金には、障害年金や遺族年金という制度があり、生命保険をかけてなくても、障害が残るような事故で働けなくなったり、配偶者と、子供を残してなくなってしまったとしても、かなりの部分、公的年金のお金で生活はカバーできるのです。

 

これだけ優秀な公的年金を、年金のお金をかけるのがもったいないからとか、お金がないから、かけないとか、まぁ、こうなるのは主に国民年金になるとおもうのですが、もったいないです。

 

かけれるなら今すぐ、何も考えず、国民年金を支払い、お金がない、または、無職なら、手続きをして、免除、または納付猶予してもらいましょう。

 

事実、私も突然の事故などで働けなくなるのは、怖いです。

 

でも、公的年金が、どのようなものか知っているから、万一の時でも、ある程度は、大丈夫だなと、つまり、この場合は、障害年金受給できるということですが、それがあるから、安心なのです。

 

年金未納で、老人になり、独り身で、経済的に支えてくれる人がいないなら、死ぬまで、若い人と同じハードワークをしなければなりません。

 

ただ、その場合も、日本には、生活保護という素晴らしい制度があるので、そのところも日本のすごい優秀なところですが、なかなか、役所などとの対話や、道のりにおいて難しいと聞きます。

 

であれば、まず、納付していれば条件満たせば必ずもらえる公的年金という不労所得をもらってから、お金の余裕がある状態で、年齢健康状態等を考えて、アルバイトをするか、生活保護の申請をするか判断した方が良いと思います。

 

納付していれば、本当に受け取る時は、最強、究極の不労所得なので、私なら、お金を株に投資するか、公的年金をかけるか、となったら(自営業なので厚生年金はないため)迷わず、公的年金を、100%最優先にしますね。

 

恵まれた国、日本に生まれたからには、まぁ、制度としてはまだまだ、改善の余地は、あるのかもしれませんが、日本の国の制度には、おおむねしたがっていた方が、良いのかな、と、思います。

シティグループと、日本電産を買いました

ペイペイ証券で、シティグループと、日本電産を、各1000円ずつ、買いました!

 

コカコーラを飲みながら(コカコーラ株も、保有してます)、配当もまあまあだな、と思い日本電産は買い付け、シティグループは、コンビニコーヒーをコンビニのイートインで飲みながら買い付けましたね。

 

どちらも、「まぁ、20〜30年は、潰れないでしょ」と、軽いノリで買い付けましたね。

 

昔は、本当にファンダメンタル、テクニカル、または、両方を駆使して、ものすごいエネルギーを使って銘柄を、選んでいましたが、今は、どうせ、プロが選んでも、猿のダーツ投げで選んでも、成績は同じ、それだったら、常識的に考えて、長期間、潰れる可能性の低い銘柄を、たくさん選んで、ポートフォリオをつくり1つの銘柄が潰れても、びくともしないポートフォリオをつくって配当金目当ての投資をしようと、答えが行き着いたのです。

 

それと、もう一つ、ETFで、インデックス投資をしているのですが、これも、世界中の学者か導き出した、インデックス長期投資が、ほぼ投資の答えだ、という事を理由に、全世界株、債権、世界のリートに、インデックス投資していますね。

 

投資の世界は、どうやれば儲かるのかという答えがもう出ている世界です。

 

欲をかかず、インデックス長期投資、長期分散投資で、平均年利3〜5%程度を目標にすれば、資産は、増えていく可能性が、高いゲームであると世界中の学者が、言っているのです。

 

ならば、凡人の私は、そのようにした方が、無難な話ですよね。

 

だから、銘柄選びでなく、コカコーラ飲みながら、常識的にこの銘柄は、20〜30年は潰れないでしょと、ポートフォリオを、充実させるようにしてます。

 

銘柄選びで一発当てるは、ギャンブルだと思います。

 

ウォーレン・バフェットさんのような天才なら、いざ知らず、凡人の私がどんなにファンダメンタルを調べても、損するだけ。

 

だから、インデックス長期投資と、長期銘柄分散投資をするのです。

 

なので、ボロ株投資や、グロース株投資は、やりません。

 

これからも、無難な、配当金を出してくれる、しっかりした有名企業の株を買っていくつもりです。

 

これからも、コカコーラ片手に、長期投資頑張ります!